読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

ブログを休止します(今までの振り返りを添えて)

お知らせ

タイトルのとおり、ブログの更新を休止しようと思います。

大きな理由はごくごく身近な人が最近はてブのアプリを見る習慣がついてしまい、私がブログを書いていることがバレる可能性がだんだんと大きくなってきたためです。
すぐとなりでユータヌキさんのホットエントリー入りした記事を見ていたりすると、いつかこのブログも見られてしまうんじゃないかとヒヤヒヤします。
ただブログを書くこと自体はとても好きですし楽しいので、半年くらいしてその人がはてブに飽きているようだったら再び書きだそうかなとも思っています。
いい機会ですので去年の秋からブログを書き出して気づいたことを振り返ってみました。

ーーーー

私がブログを書くモチベーションは「思考の洗濯」でした。
自分の頭のなかのぐるぐる回るループ思考を文字に書き起こすことで整理整頓し、大勢の人の前に晒すことで漂白する。
そういう自分のためだけのものでした。
公開してみるもののそんなものは需要がないだろうし、居酒屋のおじさんの愚痴みたいなもんで本当はみんな聞きたくないよねと思っていました。
が、意外と共感していただくことも多くて、書き出してから1ヶ月くらいすると「わかるわかる」的なコメントや「いやそれは違うでしょ」といったコメントが結構付くように。
私は文章を読むのも書くのも苦手で考えも変に偏っているし、自分だったら自分のブログは読者登録しないと思います。
本当に。
そう自己評価していたので皆さんの反応は素直に驚き嬉しかったです。
ただ、ブログで承認欲求を満たすようになるのは非常に危険なため(私の性格上どっぷりハマってしまうことは目に見えている)、3ヶ月目くらいからはなるべく一方通行のコミュニケーションになるよう気をつけていました。
コメントを受けて…ということはほとんどしなかったと思います。
それは反応をすることで生まれる「しがらみ」を可能な限り排除したいからでした。
端的に言えばはてなにどっぷり浸かってしまうことが怖かった。

ーーーー

私はブログを誰にも告げず、誰にも知られないように気をつけながら毎日の更新を行っていました。
それはこの活動を現実世界とは完全に切り離したかったからです。
リアルな社会で持っている社会的立場とかを一切無視した場合、自分の言葉だけで世界はどれくらい広がっていくのだろうか。
それを見たかったというのもあります。
当初私が想像していたよりもずっと多くの人に私の考えを見て頂いてびっくりする反面、そのことで生じた「にょっきとしての社会的立場」に戸惑っていたのも事実です。
にょっきとしてはこう言うだろう。
にょっきはこうでなくてはならない。
にょっきを演じていました。

ソーシャルアニマルとしての人間は誰だって何かを演じるものです。
聞き分けのいい子供だったり家庭的なパパだったり。
だからつながりが広がっていくことにつれて「にょっき」を演じるようになってきたのも不思議ではありません。
しかし元々私はそういうものから切り離すためにアカウントを作ってブログを書き出したんじゃないか、とも思うのです。
「にょっき」であることのしがらみに縛られてブログを書くのは本末転倒のような気がしてきていました。

もちろんブログやTwitterを通じて知り合った方々には感謝しています。
現実世界では到底知り合えなかったであろう人たちとのつながりは刺激的でとても楽しかったです。
読者登録しているブログから影響を受けて自分の考え方を変えたこともありましたし、「これってあの人が言っていたアレと同じだな」と考えることもでてきました。
ブログを書くのは休止してもTwitterはてブ自体は続けようと思います。

ーーーー

休止とは言っていますが再開は未定です。
もうブログは更新しないかもしれません。
でもある日ひょっこり書きだすかも。
アカウントを新しく作ってはてなブログを新規開設するかも。
その時はまたよろしくお願いします。


ともかく一旦、ありがとうございました。

広告を非表示にする