指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

愚痴をこぼされる先輩でありたい

今日、初めて後輩くんに愚痴をこぼされました。
愚痴自体は他愛のないものだったのですが、「うーんわかるよ」と適当な返事をしていたら一人で納得して一人で解決したようです。
愚痴をこぼされるって嬉しいものです。
できればいつまでも愚痴をこぼしてもらえるような先輩でありたいと思いました。

私はよくぐちぐち言って不満をいろんな人に聞いてもらうことが多いのですが、愚痴をこぼす相手って結構重要です。
一番大事なことは私が何を悩んでいるかをちゃんと理解してくれる人かどうか。
もっと言うと、私の立場に立って考えてくれる人かどうか、ということではないでしょうか。
例えば私が「良かれと思ってAの仕事を優先してやっていたら上司からBの仕事の方が優先すべきだと言われた」ということを愚痴っていたとしましょう。
この時に「そりゃそうだよ、一般的に考えてBの方が先にすべきだね」と言って会話を終わらせようとする人のところには、次から相談しに行くのはやめようと思ってしまう。
一般論としてBを先にすることが正しいことは理解している上で、私がなぜAを優先したのかということに興味がない人とはコレ以上話が進まない。
私がいつも愚痴をこぼす先輩は「なるほど、あなたはAの方が優先すべきだと思ったわけだ。それはなぜかな?」と理由を聞いてきます。(もしくは「あなたはこれこれこういう理由でAの方を優先したってこと?」と推測してくる)
なぜ私がAの方を優先したのか、その理由を理解するための努力をしてくれる。
それがとても嬉しい。

相談するのは「解決」して欲しい場合と「共感」してほしい場合とがあって、共感してほしい時はそうだねそうだねとうなずいていればいいんだみたいな事もよく聞きますが、正しくは共感ではなく「理解」だよなーといつも思います。
「私はこれこれこういう理由があったためこうしたんです!」という相談は「わかるわかる〜」と言ってほしいわけではなく、「そういう前提がある人はそういう行動をしてもおかしくない」というお墨付きが欲しいのであって共感は必要ない。
「私は絶対そういう行動はとらないけど、あなたみたいな性格の人だったら確かにそうするんだろうね」と言われてもいいわけです。
誰かに自分の行動の必然性を認めてほしい。
愚痴をこぼすのは大概そういう時です。

愚痴を聞いてもらった先輩はちょっとずつ信頼出来るようになってきます。
愚痴を上手に聞いてくれてこちらの行動を理解してくれる人は、こちらがなぜこういう行動をとったかを理解した上で、客観的に見てどのような行動がベターなのかをアドバイスしてくれる。
そういう先輩のもとへはちょっとした愚痴から本当に困っていることまでなんでも話を聞いてもらいたくなります。
逆に言うと「理解」できていない人のアドバイスは信用出来ないわけです。
ああ、この人は私がなぜこういうことをしたか理解する気がないんだなと感じてしまった人には相談に行かず、その人からの助言も馬耳東風になってしまう。
私の場合はその振れ幅が極端で、ちょっと子供っぽいなあと自分で思うのですが。

普段からそう思っているため、私が愚痴を聞く段になって「あ、もしかしてちょっと信頼されかけているのかな?」と嬉しく感じました。
できれば愚痴を聞いて、後輩くんのいうことを理解しようとするいい先輩のままであり続けたいです。

全肯定! 関根流・ポジティブ人生相談

全肯定! 関根流・ポジティブ人生相談

広告を非表示にする