指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

コミュニケーションが苦手だからこそ会ってお話させてください

ブログでは人間関係や心の持ち方とかを書きつつも、私は自分がコミュニケーションが得意だとは思っていません。
コミュニケーションを取ることが好きか嫌いかと言われるとどちらでもない、中間くらいと答えるのですが、うまく伝えられなくて齟齬が発生することがよくあります。
そんな私だからこそ、大事なことは会って直接お話ししたい。
文字ばかりのやりとりを続けていると「ああ、会って話せば一発なのになあ」とよく思います。

大学生の時に友人数人で協力して課題をやることがあり、MSNメッセンジャーを使ってやりとりをしていたのですが、まあまとまらない。
3人で話していても

A「この案で行こうか?」
B「うんそうだね、そうしよう!」
C「あー」
A「じゃあ資料がいるけど」
C「俺は別案もいいなと思うけど」
B「明日図書館行く用事あるし」
B「あ」
A「うん」
C「そっちの方が見通しつきやすいし」
C「悪くはないかも」
A「いや、確かに」
A「資料集めは大変かも」
B「うん」
C「うん」
A「どうする?」
……

みたいになかなか収束しない。
すり合わせが難しいというか、余計な時間がかかってるなーという気がするんです。
上の会話だったら「あ」とか「うん」とかは顔を合わせてしゃべってたら仕草で感じ取れるのですが、文字だといちいち書かないと同意も表せないのがもどかしい。

一方的な連絡や確認だけならメールやIMでもいいとは思います。
記録にも残りますし。
しかし意見のすり合わせや議論は口頭の方がはるかに敷居が低い…というか齟齬が発生しにくいと思うのです。
単なる雑談でもそう。
Twitterもやっていますが、直接話すよりTwitterでコミュニケーションを取る方がはるかに疲れる。
これだと誤解を生むか、でもここまで言い過ぎると何必死になってんのって思われるんじゃないか、と勘ぐりすぎてうまく文章が書けない。
なんというか、Twitterでおしゃべりするのって相当に高度なことのような気もしています。
一人でつぶやくだけなら全然問題ないのですが。
ブログ書く方がカンタンとさえ思える。

仕事でも家庭でもそうですが、私はすれ違いが発生して欲しくない時は必ず電話か会ってお話しします。
文字だけのやり取りをなんどもくりかえして「そうじゃないんだけど〜!」となってしまうのが本当に嫌ですし、自分のコミュニケーション能力に自信がなく文字情報だけでは誤解を与えてしまうことになりそうなので、お話しできる時はなるべくそちらを選んでいます。
上の大学生の時の打ち合わせも直接会ってミーティングをした時はいつもスムーズに運びました。
いまから思えば、少々高くてもマイクを買って音声チャットできるようにしたほうがよかったんですね。

日々、いろんな行き違いを見ていますが、このうちの3割くらいは直接顔を見て話せば解決することなんじゃないかしら、とも感じます。
思想の多様性を否定したり、みんな仲良くやろうよと言いたいわけでは無いのですが、ただなんとなくそう感じました。

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

広告を非表示にする