指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

回転寿司の一皿目でわかるあなたのクリエイティブ度

この記事を読みました。

クリエイティブな人はココがちょっと違う!22の違い | CuRAZY

「天才は頑固な人が多い」みたいなだからどうした系ゆるさを感じる記事で得るものはなかったのですが、もし私がどこかのだれかに「クリエイティビティについてブログ記事を書いてください」と言われたら何を書くだろうと考えて、「回転寿司の一皿目で判断できるクリエイティブ度」というものを思いついたので書いてみます。

Hanako FOR MEN vol.11 寿司デビュー! (マガジンハウスムック)

Hanako FOR MEN vol.11 寿司デビュー! (マガジンハウスムック)

回転寿司で一皿目に何を取るかでその人の人間性がほぼわかると言っても過言ではありません。
ネタは全てを物語る。
クリエイティビティについてもそれは言えます。
一皿目とクリエイティブ度の関係は如実に現れるのです。

マグロ

クリエイティブ度:★★☆☆☆

子供から大人まで愛されるマグロ。
刺身として買えば魚の中でもそこそこ値の張る部類ですが回転寿司なら安くいただけます。
さっぱりとした赤身で一皿目には最適ですが「万人受けする外れないネタ」というやや置きに行った球はクリエイティブ度は低めです。

イカ

クリエイティブ度:★★★★☆

白く透き通った美しいフォルム、シャリと一体となった白一色の洗練されたカラーリング。
それは旧Macのマウスを彷彿とさせる素晴らしい工業デザインのようにも見えます。
ただ、回転寿司のイカはあまり美味しくはない。
新鮮なイカはかみごたえが良く生臭くもないですが回転寿司のようなイカは匂いが出て来てニチャニチャしているものも多いです。
それをおしてでもデザインを優先する人はクリエイティブ度が非常に高いと言えるでしょう。

アナゴ

クリエイティブ度:★★★★☆

寿司屋の技量はかつて玉子を頼めばわかると言われていました。
しかし今では玉子焼きを業者からおろして、自前で玉子を作っているところは少ないと聞きます。
現在の寿司通は玉子の代わりにアナゴを頼み、その寿司屋の技量を図るそうです。
回転寿司で座るやいないや、レーンも見ずにアナゴを注文しましょう。
「あ、この人わかってるな…」と気付いてもらえるかもしれません。

海老アボガド

クリエイティブ度:★☆☆☆☆

海老アボガドが登場した時の衝撃は忘れられません。
海老の持つ淡白な旨味とアボガドのクリーミーな濃い味わいが一体となったミラクル。
そのミスマッチな組み合わせと意外な美味しさに誰しも言葉を失いました。
まさにクリエイティブです。
しかしいまや海老アボガドは大衆化してしまいどこにでもありふれたものになってしまいました。
1品目に頼もうものなら「あ、あの人はまだ海老アボガドの衝撃を引きずっているんだな」と思われて必ず時代遅れ感が出てしまいます。
すぐに食べたい気持ちをぐっと堪えて、3皿目あたりで回って来た海老アボガドを何食わぬ顔で取るのが優れたクリエイターです。

大トロ

クリエイティブ度:★★★★★

まさかの1皿目からの大トロ。
クリエイターは時には大胆に決断できる瞬発力が必要です。
「大トロが食べたいから大トロをとっただけだ」と誰にも聞かれていないのに言いましょう。
ツイートしましょう。
金色の値段の違う皿をスタートに持ってくることで、自分は並の人間とは違うのだという意識を見せつけてやればあなたのクリエイティブ度もうなぎのぼりです。

塩カルビ

クリエイティブ度:★★★★★

クリエイターに最も必要なものは独創性です。
いままでの既成概念にとらわれることなく常識の殻を破ったものが一歩抜きん出ます。
回転寿司でもっとも独創性が溢れているもの。
それは豚塩カルビやハンバーグ寿司などの創作寿司です。
食べるネタが少ない子供たちのために考案された「もはや魚ではない」という禁断の飛び道具。
それを一皿目に食べてしまう好奇心こそがクリエイティビティの現れでしょう。

アイスクリーム

クリエイティブ度:★無限

創作寿司をも超えるクリエイティビティ溢れる一皿目。
それはデザートです。
寿司屋に来て寿司を食べるという常識からも外れた発想力で、クリエイティブ度は計り知れないほどの高さになります。
デザートの中でもアイスクリームを先に食べてしまえば、舌が冷えてしまい2皿目以降の味がよくわからなくなるでしょう。
しかし危険を顧みずあえてアイスを選ぶ。
そのような独創性をもった人間こそが次世代のスティーブジョブズになれるのではないでしょうか。


といろいろまとめてみました。
まあ何がクリエイティブかってのはこれぐらいいい加減なものっていうことですよね。
なんとでも言えるわけです。

ちなみに私が回転寿司で最初に頼むのはウドンです。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

鮨の作法がまるごとわかる本 (晋遊舎ムック)

鮨の作法がまるごとわかる本 (晋遊舎ムック)

広告を非表示にする