指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

甘くないんですか?

先週末、外出先で暑かったのでマクドナルドに入ってマックフルーリーを食べました。
期間限定の「フランスマックフルーリー クリームブリュレ」とやら。
期間限定に弱いんです。

おいしさのワケ | 2014 FIFAワールドカップ キャンペーン | McDonald's

しかしコレが激甘。
普通のソフトクリームにカラメルソースとカラメルの粒が入っていて砂糖の塊のようでした。
みんなこんな甘いのを普通に食べるの?
すごい。
涼を取るために食べたのですがあまりに甘ったるくて全部食べきれませんでした。


激辛カレー専門店で激辛カレーが出てきて食べられないのならわかる。
でもあれだけ大衆化されたマクドナルドでこれなのか…とちょっと驚きました。
確かに味ってちょっと濃い目のほうが美味しく感じるのはわかります。
ちょっとしょっぱかったりちょっと甘かったりするほうがジャンキーで脳がしびれる。
中毒性があるし満足度も高いので、最大公約数を探すとなると自然と濃い目にはなるでしょう。
病院食が美味しくないのは味が薄いからとよく言われますね。

しかしそれを差し引いても濃い。
だってアイスクリームですよ。
十分甘いじゃないですか。
それにさらに甘いソースかけてカラメルかけるってどんだけ体に悪いんですか。
体に良い悪いを置いておいてもあれを普通の人が食べきれるのか?
というか欲するのか?と素朴に疑問を感じました。

少し前に話題になったスタバのバナナフラペチーノもそうですが、よくあんな胸焼けしそうなものをみんな欲しがるなあと。
自分だって甘いモノは大好きです。
昨日だってスーパーカップのイチゴヨーグルト味を食べました。
(余談ですがスーパーカップのヨーグルト味に外れなしというのは私の持論です)
フラペチーノだってなんというか準備や心構えが整っていればイケルと思うのですが、それを「寄ってく?」的な感じでサラッと食べようというのがわからない。
喫茶店に寄ってカフェオレとまるごとバナナ食べるようなもんじゃないですか。

そういう濃い甘さのものがあまりにも市民権を得ているのですこしばかり不安になってます。
自分が取り残されているのではないか、もしや世間ではこれくらいの甘さは当たり前なんじゃないかと。
でも!こんなものが当たり前になったら日本人の未来は糖尿まっしぐらですよ、マジで。
その分の医療保険誰が払うと思うんですか、マジで。
何の気なしに注文したのですが、結果としてこの国の行く末に不安をいだくオヤツになってしまいました。

広告を非表示にする