読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

ディズニーに抵抗する私の中二魂

アナと雪の女王、かなり話題になっていますね。
楽器屋さんに行くとアナと雪の女王のピアノ譜が一番いいところに置かれていて、ちょっとしたフェアのようになっていました。
サントラもデラックス版が急遽発売決定だとか。
ワイドショーでもバンバンやっているようですし、近年のディズニー作品では飛び抜けてヒットした作品になるでしょう。

しかし、私はどうも食指が伸びない。
映画も好きですしミュージカルも好きなのですが、どうもディズニーというもの全般が苦手なのです。

ディズニーランドは小さい頃に一度だけ行きました。
細かいことはよく覚えていないのですがひたすら並んだ記憶があり、通知簿に「落ち着きがありません」とかかれるくらいガマンができない子供だった私は完全に駄々をこねて帰りたがっていたそうです。
それがトラウマになったのかなんなのか、自分のお金でディズニーランドに行けるくらいの年になってからなんどか友達に誘われたこともあったのですが全て断ってきました。

ただ、USJは普通に楽しめました。
3回くらい行ったかな?
少なくとも誘われた時はすべて行ったような気がします。
USJには普通に楽しみにして行けたりするので、自分はテーマパークの人混みが嫌いなのではなくディズニーそのものに何か先入観があるんじゃないかとは思っていたのですが、その正体はもやもやしていてわからず、なんとなくディズニーを避けたまま日々暮らしていました。
アナと雪の女王も「話題になってるな、すごそうだし見てみたいな」と思いつつも「でもディズニーだし…」と横目で見ながらスルー。

私がディズニーを避けている理由がなんとなくはっきりしたきっかけは、何日か前の伊集院光のラジオです。
伊集院光アナと雪の女王を「悪くはなかった。よくもなかった。ディズニーの語法から少しも外れることなく作られた作品。どうせ見に行くならクレヨンしんちゃんのほうがいい!」と批評。
これを聞いて、もし伊集院がディズニーの語法の中に入り込める人ならなんの問題もなくアナも楽しめたんだろうなと感じ、まあ無理かあの伊集院だもんなと思ったところで、自分もアナを見に行っていたら同じような感想を持っていたかもしれないと思いました。
私はディズニーの世界に肩までどっぷりつかる勇気が無いし、ディズニーに「さあ、感動しましょう!」と言われてもケッとするのだろうな、と。
もっと端的に言うと、自分は純粋にディズニー作品やディズニーランドを意識的に楽しもうとせず、どこか斜めから見て悪いところ捜しをしてしまうのかもしれないんです。

なぜディズニーを純粋に楽しむことができないか。
それはひとえに私の中二魂です。
こういう自分の本音をさらけ出すのは恥ずかしいですが…私はホントーに先入観で「ディズニーをいいというのはこっぱずかしいしカッコ悪い」と考えているんだと思うんですよ。
中学生くらいで、メジャーなものから距離をおいてマイナーなものをありがたがる人が一定の割合で出てきます。
子供から大人へ変化する際の心の成長痛のようなもので、多くの人が経験あると思うのですよ。
周りからの価値観から抜け出して自我を持とうとする時に、一時的にそういう思想に染まるのかもしれません。
ジャンプを読む人を小馬鹿にしてマイナー誌を読んだり、売れ筋のJ-POPを批判してカルトなジャンルを掘ったり。
コンテンツの本質を見ずに「メジャーだから」という理由だけで避けてしまい、マイナーなものを発掘して自分はこれを知っているんだ!他とは違うんだ!という目線から作品を見てしまう。
なんとも本末転倒です。
私も確かに一時はそういう青臭い道を通ってきましたが、今では普通にメジャーかどうかを気にせずなんでも楽しめるようになったとは思います。

ただディズニーに関しては、メジャーなものに対してはすに構える中二マインドが少し残ってしまっている。
「ディズニーって素敵!松たか子すごい!」と言うワイドショーのコメンテーターを見て、オエーと舌を出してしまうような。
心のどこかで、ディズニーを賛美するとカッコ悪いと思っているのかもしれません。
本当は美女と野獣見て泣いたりするくせに。

先入観です。
すべては先入観で食わず嫌いなんですよ。
どうしても自分の中に残った小さな中二魂がディズニーワールドにハマることを拒否してしまう。
もったいないとは思いますが…しばらくは無理そうです。
あと10年すればまた変わるのかな。

ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと

ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと

追記:
誤字修正しました。
触手伸ばしちゃダメですね。

広告を非表示にする