指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

話が弾む人に共通しているのは笑いのハードルの低さ

話しやすい人っていますよね。
よく会う友達と会話していて今日はなんだか話が盛り上がらないなーと思っているとそういえばあの人がいないんだ、みたいな。
みずから話題を振って来たり頻繁に相槌を打つわけでは無いのに、なぜかその人がいると会話が弾む。
なんでかなーと考えていたのですが最近そういう人に何人かめぐりあい、なんとなく共通点のようなものが見えてきました。
話を弾ませるはよく笑ってくれるひとが多い気がします。


話を盛り上げる人を仮に盛り上げ役と呼びましょう。
盛り上げ役はよく笑う。
笑いのハードルが低い人が多い気がします。
ちょっとしたことでもウケてくれるのがうれしくて、ついこっちは盛り上がっちゃうんですよね。

盛り上げ役は特にたくさんしゃべったりしないんです。
むしろ自分からあまりしゃべらない人が多い。
しゃべるよりもしゃべらせて、面白い話を聞く方が楽しいタイプなんだと思います。
だから意外と会話の中では存在感が無く、話し手が「この話盛り上がったなーまたどこかでしゃべろう」と思っても、別の場所だと全くウケなかったりする。
自分の話が面白くて盛り上がったのではなくて、盛り上げ役がいたから話が弾んだことに気づかない。
そういう意味では、なんでもウケてしまうので怖いとも言えます。

ウケる技術 (新潮文庫)

ウケる技術 (新潮文庫)

ただやっぱり、話が盛り上がると楽しいしまた会話したくなる。
うまい聞き手って話そうと思ってなかったことまで引き出してくれるし、そういう人に話したいなあと思います。
ちょっとした悩み事であればむすっとされるより軽く笑ってくれた方がこっちもかえって話しやすいです。
あまり笑ってばかりの人もバカっぽく見えるのでさじ加減が難しいところではありますが。

笑いのハードルが低い人って幸せだと思うのですよ。
揶揄とかじゃなくて本心からそう思います。
絶対音感があると少しの違いでもイライラする、絶対音感が無い方が音楽を楽しめるとかいいますけど、音楽だけじゃなくて笑うことや楽しむこともそうで、わたくしお目が高いんで滅多なことじゃ笑いませんのよみたいな生き方もいいのですが、単純に笑える機会が多い方が人生楽しいだろうとは思います。
で、そういう人が友達であれば自分も幸せになれそうな気も。

笑う介護。 (sasaeru文庫)

笑う介護。 (sasaeru文庫)

広告を非表示にする