読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

お昼ご飯に選択の余地はあるか

脳トレで川島教授に「いつも同じお店にご飯を食べに行っていませんか?新しいお店を探すことは脳にいいですよ」と言われたことがあって、お昼に何を食べようか考えている時にたまにそれを思い出します。
いつもと同じって安心は得られるし外れないんですが、刺激がないですよね。
お昼ご飯の選択肢って多いほうが絶対にいいと思うのです。

男の昼ごはん読本: まずは昼ごはんから!初心者でもおいしく作れる、かんたん16品

男の昼ごはん読本: まずは昼ごはんから!初心者でもおいしく作れる、かんたん16品


私は今つとめている会社の近くにあまり飲食店が無いことが不満です。
大学の近くには食べ物屋さんもいっぱいあってなんでも選び放題だったのですが、いまの環境ではコンビニすら2つしか選べない。
少ない飲食店はそれほどまずくはない(というかチェーン店)のが幸いですが、ずっと同じ環境で同じご飯を食べ続けるのってやっぱりストレスたまると思うんですよ。

いや、違うな…。
正確には「たまにはハンバーグを食べたいな」と思った時にハンバーグを食べられない環境に微妙にストレスがたまるというか。
うどんが食べたい時に会社近くのうどん屋さんに行っている時にはストレスも感じないですし問題無いのですが、ハンバーグを食べたい時にコンビニのハンバーグ弁当しか選択肢が無いことにちょっとイラっとくるのかもしれません。

私は思い込んでしまうたちなのでたかがお昼ご飯と言えど「ああもうこの会社にいる限り昼ごはんはあの店とあの店とコンビニのローテーションになってしまうのか……絶望しかない」とうつうつとしてしまいます。
今日のお昼にハンバーグが食べられなかったことではなく、これからの社会人勤めのお昼ご飯の選択肢の少なさへに思いをはせてしまう。
希望も絶望も未来に対してするものですからね。

そういう糧秣的閉塞に危機感を覚えて、最近は昼休みギリギリで帰って来られるご飯屋さんを開拓中です。
1時間の休憩でもけっこう行こうと思えば行けるもんです。
ギリギリ1時間で間に合う位置にあるラーメン屋さんと王将を発見した時はテンションがあがりました。
いつものルーチンワークの中で、こういうちょっとした新しいことを見つけられる喜びって割と大きいような気がします。

そういえば知り合いが勤めている会社は百貨店のすぐ近くでデパ地下でお昼ご飯を買えるとか。
豪華な設備の社食とかよりそっちのほうがうらやましい。

アイアンマン 丸型ランチボックス2段 ONWR1

アイアンマン 丸型ランチボックス2段 ONWR1

1日1500kcalをしっかり食べてきれいになる やせごはん

1日1500kcalをしっかり食べてきれいになる やせごはん

広告を非表示にする