指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

「相手の気持ちになって考える」というエゴ

小学生の時に「相手の気持ちになって考えよう」とよく言われました。

学級目標で「相手の立場に立とう」とかもありましたし、自分がされて嬉しいことをしてあげようとも教えられました。
大人になったいま思うのは、相手の気持ちに立つということも一つのエゴだよなーということです。

 人と人とは根本的には分かり合えないと私は思います。

他人は他人であって自分ではないので、考えが一致しないことの方が自然です。
どんなに仲の良い友達でも自分とは考えが違うところが必ずある。
同じ映画を見て面白かったという感想を持った人の中でも、アクションが良かったと感じる人もいれば、シリーズ通しての主人公の成長に主眼を置いた人もいるでしょう。
音楽面に感動した人もいればキャスティングに感心した人もいるかもしれません。
そういう多様性があるからこそ面白いんですよね。
 
それを「あの人はアクションが面白かったと思っているだろうな」と考えることにあまり意味があるとは思えない……というかそう決めてかかることは非常に危険だと思うんですよ。
一見すると客観的な視点を持っているようにも見えますが、実際には主観的な自分の想像の範疇を出ていません。
 
教育現場では相手の気持ちを考えるという言葉は生徒同士がケンカをした時に「叩いた山田くんも悪いけど山田君がなんで怒ったか考えてみようか」という文脈で使われたりもします。
これはいいと思うんですよ。
ソーシャルアニマルの現代人は主張するだけでは生きて行けず、自分が他人からどう見られているかを考えて生活する必要があります。
そうでないと(学校という社会ですら)ハブられたり空気を読めず浮いてしまったりしますから。
モラル的な意味ではなく、社会性を鍛えるためのトレーニングとして、この場合の使われ方は正しいと思うんです。
 モラル・ハラスメントの心理構造 ~見せかけの愛で他人を苦しめる人~
ただ、「俺の本当に言いたいことわかってる?」とか「私の気持ち全然伝わってない!」と言って怒り出す人たちもいて、そういうときはいつも私はあなたじゃないんだからわかるわけないと心の中で思います。
コミュニケーション性善説というか、信頼しているもの同士は心が通いあって当然だという主張をする人たちと一緒に生活をするととても疲れますよね。
言いたいことが100%伝わっている前提でコミュニケーションされるとかえってすれ違いが多くなりますし、そのようなコミュニケーション不全はすべて情報を受診する側の責任にされてしまいます。
で、逆にそういう人たちは「私はあの人がどう感じているかを知っている」というエゴに陥ります。
 
私も昔これにハマりかけていて、「口ではもう限界って言ってるけど実はもうちょっと厳しく指導して欲しいんだろわかってるぜ俺は」的な、思い返すと本当にどんだけ偉そうなんだという時期がありました。
指揮しているときにですね、ある奏者のソロに細かく注文をつけていったことがあるんですよ。
もっとこの音符ではためて、次の音符では前の気持ちを持続したまま音量を変えずに…みたいな。
その奏者は指示されているときに結構辛そうな表情をしていたのですが、つらいのは自分の技術の無さに自分で納得いってないだけだよな、細かく指導されれば指導されるほど吹きやすいはず、だって俺がそうだからと思ってガンガン注文をつけていったんです。
合奏の直後に奏者から「あんなことされたら吹きにくいです。もっと自由に吹かせてください」と言われたときはものすごく驚きました。
「えっ…吹きにくかったの……?」って。
自分の中に作り上げた「こういうときはこう思うはずだ」という都合のいい思い込みのせいで、その辛そうな表情の真意を読み取ることができていなかったんです。
そこそこ俺うまく合奏できてるじゃんと思い始めた時期だったので、調子に乗ってコミュニケーションに対して怠惰になっていたんだと思います。
 
これ以降は、相手の気持ちを読み取ることができるわけなんてないしコミュニケーションは失敗して当然と思うようになりました。
あの人は自分で無いのだから、自分が気持ちを知ることなんてできない。
逆に、情報を発信するときも相手を信頼しすぎてはいけないし、伝わらなかったからといって相手を責めてもいけない。
失敗して当たり前と思ってやりとりする方が色々と気を回して連絡したりするので、不思議とコミュニケーションがうまくいったりするんですよね。
 
いやあそれにしても「あなたがどう思っているか私にはわかります」ってよくよく考えると気持ち悪いなあ。
あなたに私の気持ちなんてわかるわかないよ、と言いたくなる。

 

わかりやすく説明する練習をしよう。 伝え方を鍛える コミュニケーションを深める

わかりやすく説明する練習をしよう。 伝え方を鍛える コミュニケーションを深める

 

  

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

 
広告を非表示にする