指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

趣味は義務になってからがオモシロイ

だらだらとブログを書いてもうすぐ3ヶ月ですが、そろそろめんどくさくなってきました。

書きたいことを思いついても、もう今日はいいかなあと次の日に回して何を書こうとしていたか忘れることも増えてきたので、思いついたことはできるだけその場でメモするようにしています。
正直義務感のようなもので無理矢理更新している日もあるのですが、私は趣味は義務感が出てきてからがオモシロイと思っています。

 

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

 

 

長く続ける趣味は義務感が生まれることがよくあります。

ピアノでも弾けるようになろうかなと思ってピアノのレッスンに通うと仕事が忙しくなってきてレッスンに通うのが大変になってきた。
「最初は弾けるようになる楽しみがあったんだけどさ。だんだん楽しさよりも義務感が勝つようになってきちゃってやめたよ。趣味は楽しむもんだからさ」
とかよく聞きますが、個人的にはもったいないなあと思います。
これからが本当に楽しくなるところなのに。
 
確かに趣味は楽しむためにやるものであって苦しむためのものではありません。
趣味のために毎日が大変になるのは本末転倒に思えるかもしれませんが、義務感を越えた先にこそオモシロイ地平が広がっているのを私は何度も見てきました。
先ほどのピアノの例だったら、もしそのまま続けて発表会に参加したらどうなったでしょうか。
まあまあ弾けるようになって、知り合いの披露宴で弾くことになっていたら?
古い友人に誘われてバンドを組んでライブすることになっていたら?
子供が自分のピアノを弾く姿を見てピアニストを目指していたら?
義務感こそが自分をオモシロイ地平に連れて行ってくれる急行なのではないでしょうか。
 ピアノ初心者Q&Aレシピ(おとなのピアノレッスン)

ピアノ初心者Q&Aレシピ(おとなのピアノレッスン)

ブログは3ヶ月以内にやめてしまう人が大半ということを聞いたことがあります。
私もはてなブログ以前にずーっとプライベートなブログをつけていたのでわかるのですが、更新し続けるのは結構大変です。
はてなブログはまだしがらみとかを作ってやめにくいようにしているだけマシですが、どんなブログサービスであれソーシャルな要素が一切なければ1ヶ月もたない人がほとんどになるんじゃないでしょうか。
 
ピアノでもブログでもそうですが、すぐやめてしまう人は期待しすぎているのかもしれません。
趣味を始めるとすぐにオモシロイことが起こって、それが延々続くと思っているのかも。
実際はどの趣味でも絶対そんなことはなくて、しんどいなあめんどくさいなあがずーっと続いた先にやっててよかったー!!があるんだと思うんです。
だからただ苦しいところだけを見て趣味をやめてしまう人はもったいないなあと思います。
 
私も指揮を習っていた時は本当に辛かったですよ。
月謝を払って怒られに行っていたようなもんでした。
でもそれが無ければいまこんなに指揮もふれてないですし、仲間も増えていなかったと思います。
あの頃の自分に会えたとしても、そのままレッスンやめるんじゃないぞ!というと思います。
そういう経験を何度もしてきたので、新しく始めた趣味でも義務感が出だすと「ここを乗り切れば…」とワクワクするようになりました。
苦労している分、絶対に何かが身にはついているはずなんです。
 
多少しんどかったりめんどくさかったり叩かれたり炎上してもいいじゃないですか。
それでへこたれるなんてもったいない。
先にある面白さを期待しましょうよ。

 

面白いけど笑えない中国の話

面白いけど笑えない中国の話

 
広告を非表示にする