指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

コメントを考えるのはコメントを読む前に

考える系の記事を読んで、ふむブクマコメントを書こうかなという時に、ついつい他のコメントを読んでから自分の考えをまとめる、ということをやってしまいがちです。

自省も含めて書くのですが、やはり他のコメントを見るとそっちに自分の考えが多少なりとも寄っちゃうなあと。
自分で考える癖がつかないなあと思うのです。

 

コメント力

コメント力

 

 

考えって「寄る」んですよね。

ぼーっとしながらエントリーについたブクマコメントを読んでると、「そうそう自分もそう思ってた!」とついつい思いがちなんですが、それって本当にそうだったんでしょうか。
そのコメントを見て、なおかつコメントにスターがいっぱいついてたりするから、なんとなくそれに同調してしまったりするんじゃないでしょうか。
でもって無意識のうちに声の大きい人に賛成するだけの行為を「意見を持つ」と言ってたりはしないでしょうか。
 
最近の炎上とかを見るたびに考えるのですが、意思のない同調ほど怖いものはないと思うのですよ。
自分が持っている考えにたまたま合致して「その通り!」と言うならもんだいないのですが、ただ人の言うことに同調するだけで自分の考えを持たない人たちが炎上を加速させてるような気がするのです。
いいねしかりリツイートしかり。
炎上してしかるべき案件もいっぱいありますが、「これって人や見方によってはこんなに叩かれるようなことじゃないんじゃない?」という案件に関しては、意思無き意見が多数を占めている気もします。
 
自分の頭で考えて、真の意見を持つためにはコメントを読む前にコメントを考えることがすごく重要なんじゃないでしょうか。
最終的に書き込む前には、重複を防ぐためにコメントを読んだりしても良いと思うのですが、考える段階までは他の人の意見を見ない。
そうしないと自分で考える習慣がどんどん無くなり、ただの「同意さん」になっちゃいそうです。

 

自分の意見が言えるようになる本―存在感が確実にアップするシンプル・ノウハウ

自分の意見が言えるようになる本―存在感が確実にアップするシンプル・ノウハウ

 

 

素人の顧客の意見は聞くな 永江一石のITマーケティング日記

素人の顧客の意見は聞くな 永江一石のITマーケティング日記

 
広告を非表示にする