指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

片付けるのはカンタン。キレイに保つことが難しい…。

ここ数日PC周りの環境を入れ替えており、同時に部屋を掃除していました。

正直に言うとネットでよくある「部屋晒し」のオシャレ部屋に触発された、というのもあります。
片付けは終わりそれなりにキレイになったところで、一時的にキレイにするのはカンタンけどキレイに保つのって大変だよな、と感じました。

 

マンガでわかる!片づけ+収納術

マンガでわかる!片づけ+収納術

 

 

過去にも何度かオシャレ部屋に触発されて模様替えや片付けはしていたんですが、綺麗な状態のままキープする、ということができません。

片付けている時はテンションが上がって「ついでにモニタの位置も変えちゃおうかな!」と張り切るのですが、いかんせん一時的なモチベーションでは部屋のエントロピーを小さいまま保持できないのです。
よく初期コストよりもランニングコストの方が怖いとは言いますが、部屋の片付けもそうですよね。
雑然とした部屋を片付けるのは気合が入ればできる。
綺麗な状態を保つことが本当に大変なことのような。
 
片付けのモチベーションをずっと保ち続けるのは難しい。
そうなると、部屋をキレイに保つことができる人は、そもそも性格が違うのかなあと思いました。
この場所にモノが置かれているのが気になる。
キーボードが少し斜めになっているのが気になる。
そういった日々の「気になる」を持てる人でないと部屋の秩序の維持は難しいのかも。
 
そういえば綺麗好きだった祖母がテレビで有名人の豪邸が映ると必ず「毎日掃除するの大変そう」とつぶやいていたのを思い出します。
今思えば祖母はランニングコストの方を見据えていたんですよね。
キレイ好きな人は性格からして違うなあと思います。
(単に大きな家がうらやましかっただけかもしれませんが)
 
人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法


広告を非表示にする