読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

人の一生がゲームだとすると結婚ってやりこみ要素程度のものだと思う

考え方

体調わる子さんが以下で結婚したくない人が理解できないという趣旨のことを書かれていました。

 

「結婚したくない人」って頭の中どうなってるんだろう - 体調わる子の毒吐きブログ

 

この記事はあくまで体調わる子さんの主観なので肯定も否定もする意味はありませんが、私はちょっと違う意見です。

以下、持論。

 

「人生」というゲームがあったとして、最終目的が「幸せ度を上げてそこそこ長生きして死ぬ」だとすると。

「結婚」というイベントは、やりこみ要素程度のものだと、私は思うのです。

 

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

 

 

 

結婚しなくても幸せ度は上げられる。

むしろ結婚することによって幸せ度が下がることもある。

最終目的を達成するのに別に結婚する必要はなく、もっと別の方法で低リスクで幸せ度を上げることもできるわけです。

 

ただ、やっかいなことに「結婚」イベントはある程度進んでからは発生しなくなるんですよね。

「あ、やっぱり結婚イベントもやってみるか」と思ってももう遅い。

しかも「結婚」をしないと発生しないイベントもたくさんあります。

(「結婚」イベントを通過しなくても「親になる」イベントは発生することがあるそうですが)

 

RPGとかで

「あー!!あのアイテム取り忘れたー!!もう戻れないじゃんチクショー!!」

と後悔するタイプの人は「結婚」イベントは通過しておいた方がいいかもしれません、というお話でした。

広告を非表示にする