読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

とりあえず直感で判断する→後付けで理由を考える

考え方

ゆーすとさんの以下の記事を受けて。

http://syuraw.hatenablog.com/entry/2013/11/26/170311

 

この中の特にこの部分!

「直感→論理の構築→結論」の順で答えを出せば、結論を出すのは早いだろう。ゴールが先に設定してあり、そこまでの道筋を論理で補強していく形だ。 

これは指揮者の考え方と同じだなーと感じました。

 

直感力 (PHP新書)

直感力 (PHP新書)

 

 

 

 指揮者って合奏をしていて違和感があったら演奏を止めて指示、を繰り返すんです。

でも実はかなり直感に頼って止めてるんですよ。

「いまなんかおかしかった!」って。

 

で脳内でプレイバックして

(うん、ホルンがちょっと音程を外してたかな…)

みたいに確認。

 

「それじゃホルンだけでやってみてください」

みたいに再現して練習します。

 

なかには理屈がわからないもの、つまり何がおかしいかわからないものもあります。

でも「どこか違和感がある」という直感を信じて良くなるまで練習するんです。

 

よい指揮者はこの直感が抜群に優れてます。

理屈があいまいでも直感さえ正しければ、目指すべき道が見えてますので必ず演奏は良い方向に向かいますからね。

そしてこの直感の磨き方は自分で会得するしかないという…orz

 

0.1秒で答えがわかる!「直感」のレッスン

0.1秒で答えがわかる!「直感」のレッスン

 
脳は直感している (祥伝社新書)

脳は直感している (祥伝社新書)

 

 

 

広告を非表示にする