読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

Macbook+無料アプリでDJごっこをしたのでまとめ

やったこと こちらの記事でも書きましたが、ちょっと前に身内でライブハウスを貸しきってちょっとしたパーティーをやった時に、空いた時間は何か音楽を流しっぱなしにしときたいなということでDJっぽいことやってみました。 曲をたくさん用意しておき、その…

スコアを読む楽しみ

クラシック音楽館でやっていたN響の演奏がすばらしかったため、ドヴォルザークの交響曲第7番のスコアを買いました。 ドヴォルザークは民族楽派だけあってメロディーが耳に残りやすいですね。気に入った曲はこうしてちょいちょいスコアを買っているのですが、…

理想のハードルを下げる勇気

以下の増田を読んで。何となく生きていくのはいいことかこの感覚すごくよくわかります。 年を取るにつれて自分ってもっと可能性あったよな、なんで努力してこなかったんだろうともやもやする。 同じ世代や年下の若い人たちが活躍しているのをみて歯噛みする…

ジョブズに影響を与えたビートルズの執念

再びジョブズの伝記からの引用です。 連続ですみません、だって面白いんだもの。ジョブズが彼の哲学である完璧主義を構築するきっかけとなったビートルズのテープについてのジョブズの言葉がなかなか興味深いものでした。 テープはビートルズが名曲「ストロ…

ノイズミュージックがクラシック音楽から地続きであることの解説 (大友良英出演「題名の無い音楽会」を見て)

いまさらですがちょっと話題になっていた大友良英出演の題名の無い音楽会をみました。 いやあ面白かった。 「地上波でメルツバウが流せるなんてうれしいなウヒヒ」と興奮しながら自分の持ってきたノイズミュージックのCDをかける大友さんと終始興味なさそう…

オススメしたものがウケる喜び

先日、お遊びでDJの真似事をする機会がありました。機材とか何も持ってないのですがフリーのアプリでいいものがいっぱいあるのでMac一台あれば十分にDJっぽいことができるこの時代、すごい。 いままではDJって曲流すだけでしょ何が楽しいのと思っていた節も…

逆境に立ち向かう人のための「左手のためのピアノ協奏曲」

佐村河内の件の何が腹が立つかって、本当に障害があるにもかかわらず頑張っている音楽家たちをバカにしたことなんですよ。 私は数年前に舘野泉という右手が動かないピアニストが、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲を演奏するのを生で聞いたのですが本当に…

平等が生む混乱とカオス

このブログの話のタネの常連になっている感はありますが…先週のスコラ坂本龍一音楽の学校で非常に興味深い話が出てきていました。 先週は近代のクラシック音楽のシリーズ第1回目ということでシェーンベルクなどの十二音技法を取り上げる回でした。 近代の音…

YouTubeで知ったアーティストのCDを買っていない

ここ数年で、音楽を買ったりレンタルしたりする頻度がかなり減りました。 特に新規開拓が少ない。 不思議なことにアーティスト名は昔よりもかなり知っているんですよ。 ネットや雑誌の影響で知識量は増えてるんです。 バンド名を知っているし曲を聞いたこと…

録音を嫌う音楽家

スコラ音楽の学校で、ジョン・ケージ(4分33秒の人)は「レコードは絵葉書にすぎない」と言って録音を嫌っていたという話が出ていて、ほうほうと興味深く見ていました。いまじゃ録音は音楽じゃないなんていう人はほぼいませんが、なんとなくケージの言うこと…

全聾作曲家代筆問題に思う「芸術的価値」と「ゴシップ的価値」

佐村河内さんの作品がゴーストライターによる代筆だったと知って驚いています。 耳の聞こえない作曲家として一躍脚光を浴びた佐村河内さんですが、代表作の交響曲第1番「ヒロシマ」も彼の作ではなかったようです。 「騙された!CD買って損した!」という空気…

完全なデジタル音楽は存在しない

スコラ・音楽の学校でオープンリールアンサンブルが出ていました。 やはりリールをガッキャガッキャ回すのはカッコイイ。 TEDのこの動画も大好きです。 Musical performance: Open Reel Ensemble at ... 面白かったのは、スコラは「電子音楽」の回に突入して…

ベートーベンは初音ミクの夢を見るか

録画していた「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」の電子楽器編第1回を見ました。 非常に面白く興味深かったです。 ゲストを交えて電子音楽に至るまでの音楽の歴史を軽くさらっていたのですが、その時点でもうすでに面白い。 ATAK 020 THE END アーティスト: 渋谷…

紅白を元旦に見られるか

数年前のお正月。午後三時ごろ特にやることもなく実家でぼーっとしていると祖母が「そうだそうだ」と言ってビデオを起動しました。そして見始めたのはなんと紅白歌合戦。家族全員で「え!?なんで!?」とつっこんだのですが、祖母は動じることなく「だって…

ダンス界のデコトラ野郎!ファンコットの魅力

クラシックだけではなくはやりの音楽も聴きますよ。 ということで最近お気に入りのファンコットというジャンルについて。 皆さんはファンコット、もしくはファンキーコタというジャンルをご存知でしょうか。 インドネシアで生まれたダンスミュージックで、日…

クリスマスに聴きたい!トクマルシューゴのポップでカラフルな世界

クリスマスっぽい曲が聞きたい。 でもベタベタのクリスマスソングはイヤだ。 そんなあなたにトクマルシューゴ。 まあ何も言わずにこれを聞いてください。 トクマルシューゴ - Decorate - YouTube どうでしょう、冬の匂いがしませんか?

悩んでるならコレ!コストパフォーマンスがよかったスピーカーとヘッドホン

スピーカーとヘッドホンって種類も値段も様々すぎて何買えばいいのか難しいですよね。 安すぎるとスカスカの音になっちゃいますし、かと言って上を見るとキリがないし。 そこで今回は個人的にコスパがいい!と感じたスピーカーとヘッドホンを紹介したいと思…

いきものがかりを聞くと年の瀬を感じる

いきものがかりを聞くと年末だな〜と感じるのって私だけでしょうか? クリスマスソングでもなければ冬の歌でもないのになぜだろう…。 しばらく悩んでいたのですが、たぶん紅白のせいじゃないかという結論に至りました。 I(初回生産限定盤)(DVD付) アーティス…

プログラミングにオススメのBGM

コーディング中に音楽は聴く派ですか? 私は聴く派です。 作業中BGMのポイントとしては以下のような点じゃないでしょうか。 高揚感がある BGMに気を取られすぎない いい仕事をしているような気になる ここら辺を考慮しつつ、私がよく聴いてるプログラミング…