指揮者だって人間だ

晴れた日には洗濯を。

考え方

話が弾む人に共通しているのは笑いのハードルの低さ

話しやすい人っていますよね。 よく会う友達と会話していて今日はなんだか話が盛り上がらないなーと思っているとそういえばあの人がいないんだ、みたいな。 みずから話題を振って来たり頻繁に相槌を打つわけでは無いのに、なぜかその人がいると会話が弾む。 …

初心者は王道からはいるべし

私は趣味を始めるのが趣味みたいなところがありまして、いろんなことをやりかけては放置していたりすることが多く、たびたびいろんなことの初心者になります。 初心者のプロともいえます。 いきなりピアノを始めてみたり、ランニング始めてみたり、「ミステ…

ジョブズに影響を与えたビートルズの執念

再びジョブズの伝記からの引用です。 連続ですみません、だって面白いんだもの。ジョブズが彼の哲学である完璧主義を構築するきっかけとなったビートルズのテープについてのジョブズの言葉がなかなか興味深いものでした。 テープはビートルズが名曲「ストロ…

自分が何を大事にしているかは意外と気づかない

アイザックソンが書いたスティーブ・ジョブズの伝記を読んでいるのですが、その中に印象的な逸話が出てきました。 ジョブズがアップルのCEOに戻るべきかどうか悩んでいたときに、ジョブズの背中を押した出来事です。 以下に引用します。 アップルがめちゃく…

英語を話せるようになりたい

英語を話せるようになりたいなと感じるできごとがありまして。 もう学校を卒業して英語を勉強しなくなってから何年もたってしまった今さらなんですけどね。 英語ができると楽しみが増える。 世界が広がる。 それくらい頭ではわかっていたつもりだったのです…

ノイズミュージックがクラシック音楽から地続きであることの解説 (大友良英出演「題名の無い音楽会」を見て)

いまさらですがちょっと話題になっていた大友良英出演の題名の無い音楽会をみました。 いやあ面白かった。 「地上波でメルツバウが流せるなんてうれしいなウヒヒ」と興奮しながら自分の持ってきたノイズミュージックのCDをかける大友さんと終始興味なさそう…

学習マンガは最高の教材だった

この記事を読みまして。強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 / 寳槻 泰伸 | STORYS.JPすごい個性爆発の教育方針ですね。 こんなお父さんの元で育ったら楽しいだろうなあ。 記事にマンガで興味を持たされたというくだりが…

応援が有効に働く条件

この記事を読みました。ネガティブ思考の人は「前向きに」と言われるほど更にネガティブに陥ることが判明(米研究) : カラパイアネガティブな感情を持っている人に「前向きに」と言っても逆効果になるというのはすごくよくわかります。 フラれた時に「くよ…

お昼ご飯に選択の余地はあるか

脳トレで川島教授に「いつも同じお店にご飯を食べに行っていませんか?新しいお店を探すことは脳にいいですよ」と言われたことがあって、お昼に何を食べようか考えている時にたまにそれを思い出します。 いつもと同じって安心は得られるし外れないんですが、…

見られて叩かれると上達は早い

こないだ家でちょっと長い文章を書くことがあったのですが、出来上がったものを嫁さんに読んでもらったところ「こんなに文章書くのうまかったっけ?」と言われました。 うれしい。私は国語や作文が本当に苦手ですし、いまだってまったくよい文章を書けている…

時間の無駄を恐れてはいけない

みなさんのストレス解消法ってなんでしょうか。 私はネットや読書などインドアな趣味でよくストレス発散するのですが、普段はあまり長い時間はネットも読書もしません。 ちょっと疲れたな、休憩したいなというときにはダラダラテレビを見たりもしますが、い…

オススメしたものがウケる喜び

先日、お遊びでDJの真似事をする機会がありました。機材とか何も持ってないのですがフリーのアプリでいいものがいっぱいあるのでMac一台あれば十分にDJっぽいことができるこの時代、すごい。 いままではDJって曲流すだけでしょ何が楽しいのと思っていた節も…

貴重品の管理が信頼を守ることについて

よくホールや式場で「貴重品は預けずにお手元にお持ちください」とアナウンスされたりしますよね。 私はこういう時に貴重品の持ち歩きを徹底するよう心がけています。 会社のロッカーや机にも鍵は忘れずかけるようにしていますし、どんなちょっとしたところ…

残さず食べなくてもいいと言っていいのだろうか

いま、子どもの食べ物の好き嫌いへのしつけについてちょっと悩んでいます。 私は個人的にはどうしても食べられないものは残してもいいんじゃないか派です。 たまに外食とかでどうしても食べられないものを残した時に、友人に「ちゃんと全部食べなよ!」と怒…

本屋はムードを大切に

昨日の夜中、ブックオフに行って何冊か本をまとめ買いしてきました。 ちょっと欲しいマンガがあったもので。 たまに夜に本屋に行きたくなることがあるんですが、なかなか近くに夜に合ういいムードの本屋がないんですよね。 ムードなんてなんでもいいじゃんと…

理屈っぽい私の理屈っぽい反省

理屈っぽい人への話し方、みたいなエントリを読んで思うことがありました。 私は割と理屈っぽいと言われることが多い方なのですが、それでなんどか小さい失敗と大きな失敗を繰り返していて、理屈のみでコミュニケーションをとることのダメさみたいなものが少…

港としてのタモリ

いまさらですが録画していたいいともグランドフィナーレを見ました。 すごかったですね。 もう生きているうちには見られないだろうなという芸能界の大御所大集結に興奮し、レギュラー陣のスピーチでは本当にタモさんが愛されていたんだなと聞き入ってしまい…

自己肯定感は高いほうがいいのか

自己肯定感まわりのエントリをいろいろ見かけたので自分の自己肯定感に対する考えを書いてみます。 自己肯定感って特に教育論とか育児論でよく目にする印象で、おしなべて「自己肯定感の無い子はいけない、自己肯定感を持たせてあげる教育をしよう」という主…

終わらせることの難しさ

エイプリルフールのジョークは好きでも嫌いでも無いのですが、中には「うちもやろうぜ!」と勇んで始めてみたもののやめどきを見失ってしまい、めんどくさいけど今年のエイプリルフールでなにするか会議しまーすとかいう企業もあるのかなと思うとなんだか暗…

生活レベルは落とせない

先日、家のネット回線がつながらなくなりひとりで大慌てしていました。 最終的にはモデムをあれこれして治ったのですが、いやーネットにつながらないと不安になる。 15年くらい前のネットをひいていなかった時代がもう思い出せません。 一旦便利になってしま…

伝わる例え、伝わらない例え

私は例えを用いて説明するのが好きです。合奏でも奏者への指示を出す時に頻繁に使うのですが、比喩ってうまく使わないと意図が全く伝わらないんですよね。 指揮者としての経験から色々と学ぶことがありましたので、わかりやすい例え、わかりにくい例えについ…

ジョブズが徹底させた「自己責任」 ー 「僕がアップルで学んだこと」を読んで

この本を読みました。 僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる (アスキー新書) 作者: 松井博 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2012/10/24 メディア: Kindle版 購入: 1人 クリック: 3回 この商品…

親しくない人との会話ほど饒舌になってしまう

昔、仕事の関係でそれほど親しくない先輩の車によく乗せてもらうことがあったのですが、間が持たなくなるのが怖くて結構無理して自分から話題を振って会話するようにしていたんです。 乗せてもらって何回目かに先輩から「にょっきくんてよくしゃべるよな」と…

逆境に立ち向かう人のための「左手のためのピアノ協奏曲」

佐村河内の件の何が腹が立つかって、本当に障害があるにもかかわらず頑張っている音楽家たちをバカにしたことなんですよ。 私は数年前に舘野泉という右手が動かないピアニストが、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲を演奏するのを生で聞いたのですが本当に…

平等が生む混乱とカオス

このブログの話のタネの常連になっている感はありますが…先週のスコラ坂本龍一音楽の学校で非常に興味深い話が出てきていました。 先週は近代のクラシック音楽のシリーズ第1回目ということでシェーンベルクなどの十二音技法を取り上げる回でした。 近代の音…

アウトプットを促さない教育 ― 「男の子が自立する子育て」を読んで

この本を読みおえました。 男の子が自立する子育て 作者: 北原福二 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2011/03/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る 校長でありながら現役で教壇にも立つ筆者が子供の自…

6割くらい理解できる本が一番面白い

最近とある言論系Podcastにハマっており、それがきっかけで人文系の書籍に興味が出てきました。 ここ数カ月で何冊か読んでみたのですが、6割くらい理解できる本が一番面白いかなあと感じています。 理解する技術 情報の本質が分かる (PHP新書) 作者: 藤沢晃…

「相手の気持ちになって考える」というエゴ

小学生の時に「相手の気持ちになって考えよう」とよく言われました。 学級目標で「相手の立場に立とう」とかもありましたし、自分がされて嬉しいことをしてあげようとも教えられました。 大人になったいま思うのは、相手の気持ちに立つということも一つのエ…

YouTubeで知ったアーティストのCDを買っていない

ここ数年で、音楽を買ったりレンタルしたりする頻度がかなり減りました。 特に新規開拓が少ない。 不思議なことにアーティスト名は昔よりもかなり知っているんですよ。 ネットや雑誌の影響で知識量は増えてるんです。 バンド名を知っているし曲を聞いたこと…

スイーツマラソンに思う自分へのご褒美

こんなイベントやってたそうです。 走った人に、ご褒美を。スイーツマラソン | エントリー スイーツマラソンてなんぞいな。 給水所で水の代わりにスイーツでも食べるのかなと思ったら大体あってました。 食べてすぐ走るとお腹いたくなるんで私はムリですね…